スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
教訓イソップ童話 其の12「野ネズミと家ネズミ」
2007 / 06 / 23 ( Sat )
最新の目次へ
aesop12_03.gif

aesop12_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
野ネズミと家ネズミとは仲良しでした。

家ネズミは友だちの野ネズミによばれて、
ごちそうになりに、いそいそと野へ出かけました。

ところが
オオムギとコムギばかり食べさせられたので、
こう言いました。
「これじゃあ、きみ、まるでアリの生活だ。
うちへくれば、うまいものがいっぱいあるから、
一緒に来て、何でもおあがりよ」

そこで2匹はすぐさま出かけました。
そして、家ネズミが見せたのは、マメやムギのほかに、
ヤシの実や、チーズや、ハチミツや、くだものでした。

そこで野ネズミはびっくりして、
家ネズミのくらしをたいそうほめて、
身の不幸せをなげきました。

さて、いよいよごちそうに手を出そうとしたとき、
急に人間が戸をあけました。
ネズミは、臆病ですから、2匹ともその音におどろいて、
壁のわれめに飛び込みました。

しばらくして、今度は、
干イチジクをとりあげようとしていますと、
別の人が部屋の中へ、何かとりに入ってきました。
それを見て、ネズミはまた、穴に飛び込んでかくれました。

そこで野ネズミは、おなかのすいたことなど忘れて、
ためいきをつき、家ネズミに言いました。
「さようなら。君は、危ない目や、怖い目にさんざん会いながら、腹いっぱい食べて、機嫌良くそれを味わっているが、
私はいくらみじめでも、怖い目に会わずに、
オオムギやコムギを食べて、のんきに暮らしていくよ」

びくびくしながら贅沢するよりは、
質素に暮らしてのんきに生きているほうがいいのです。

おしまい


■教訓イソップ童話目次

■教訓イソップ童話 其の11「ライオンに恩返しをしたネズミ」

■教訓イソップ童話 其の10「ラクダとゾウとサル」

■教訓イソップ童話 其の9「旅人と運命の女神」

■教訓イソップ童話 其の8「1人息子と絵にかいたライオン」

■教訓イソップ童話 其の7「医者と病人」

■教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」

■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif
スポンサーサイト
11:55:45 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓イソップ童話 目次
2007 / 04 / 26 ( Thu )
総合目次へ
aesoptop_02.gif

■其の12「野ネズミと家ネズミ」
■其の11「ライオンに恩返しをしたネズミ」
■其の10「ラクダとゾウとサル」
■其の9「旅人と運命の女神」
■其の8「1人息子と絵にかいたライオン」
■其の7「医者と病人」
■其の6「ヘルメスと職人たち」
■其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」
■其の4「ネズミと牡ウシ」
■其の3「ゼウスとサル」
■其の2「ロバと植木屋」
■其の1「オオカミとサギ」
18:14:23 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓イソップ童話 其の11「ライオンに恩返しをしたネズミ」
2007 / 04 / 26 ( Thu )
最新の目次へ
aesop11_03.gif

aesop11_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
イソップ童話「ライオンに恩返しをしたネズミ」

ライオンが昼寝をしていました。

そこへネズミが来て、ライオンの背中へのぼり、
ちょろちょろ走りました。

ライオンは目を覚まし、
ネズミを捕まえて食べようとしました。
「お助け下さい。こんなちっぽけなネズミなんておいしくありません。わたしをゆるして下さったらいつかかならず、あなたのお役に立ちますから」
ネズミはふるえながら、一生懸命に頼みました。
ライオンはネズミが可哀想になり、黙って放してやりました。

何日かして、ライオンが猟師のアミにかかってしまいました。

ネズミは鋭い歯でアミを噛み切り、
ライオンを助け出してやりました。
「ありがとう。おかげで命びろいをした」
ライオンはネズミにお礼を言い、それから仲良く暮らしました。

この話は、どんなに強いものでも、
時には弱いものに助けてもらわなければならない時がある。
ということを教えています。

おしまい


■教訓イソップ童話目次

■教訓イソップ童話 其の10「ラクダとゾウとサル」

■教訓イソップ童話 其の9「旅人と運命の女神」

■教訓イソップ童話 其の8「1人息子と絵にかいたライオン」

■教訓イソップ童話 其の7「医者と病人」

■教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」

■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif

18:13:08 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓イソップ童話 其の10「ラクダとゾウとサル」
2007 / 04 / 19 ( Thu )
最新の目次へ
aesop10_03.gif

aesop10_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
イソップ童話「ラクダとゾウとサル」

動物たちが王さまを決めることになりました。

ラクダとゾウが立候補しました。
両方ともからだが大きくて力があるので、
ほかの動物よりも王さまになる資格があると思ったのです。

しかしサルが、ラクダもゾウもダメだといいました。
「だって、ラクダくんはおとなしすぎて、
悪いやつに対しても腹を立てないから、
国をおさめることなんかできないだろう。
ゾウくんは、どういうわけか子ブタをこわがるから、
子ブタがせめてきたときに、
ぼくたちをまもってくれないもの」

この話は、ほんのちょっとしたことのために、
大きなくわだてがダメになってしまうことがある
ということをしめしています。

おしまい


■教訓イソップ童話 其の9「旅人と運命の女神」

■教訓イソップ童話 其の8「1人息子と絵にかいたライオン」

■教訓イソップ童話 其の7「医者と病人」

■教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」

■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif

18:50:31 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓イソップ童話 其の9「旅人と運命の女神」
2007 / 04 / 17 ( Tue )
最新の目次へ
aesop09_03.gif

aesop09_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
イソップ童話「旅人と運命の女神」

長い道のりを歩いてきた旅人が、ヘトヘトとに疲れて、
井戸のそばに倒れ込んで眠ってしまいました。

もうすこしで井戸の中にズリ落ちそうになった時、
運命の女神がきて、旅人をゆり起こしながら言いました。
「これこれ、こんな事をしていて井戸に落ちたら、
あなたは、自分の不注意は棚にあげて、
わたしのせいにするに決まっているでしょう」

運命の女神の言うとおり、大抵の人は、
自分が悪かったために不幸になっても、
神さまのせいにしてしまうものです。

おしまい


■教訓イソップ童話 其の8「1人息子と絵にかいたライオン」

■教訓イソップ童話 其の7「医者と病人」

■教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」

■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif

16:58:09 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓イソップ童話 其の8「1人息子と絵にかいたライオン」
2007 / 04 / 05 ( Thu )
最新の目次へ
aesop8_03.gif

aesop8_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
イソップ童話「1人息子と絵にかいたライオン」
気の小さい年取った父親に、1人息子がいました。
息子はたいそう勇敢で、猟が大好きでした。

あるとき父親は、
息子がライオンの爪で引きさかれて死ぬ夢を見ました。
「もしこの夢が正夢で、本当にこうなったらたいへんだ」と、心配した父親は、高いところにりっぱな部屋をつくって、息子を閉じ込めました。

部屋の壁には、いろいろな動物の絵がかいてあって、
その中にはライオンの絵もありました。
これは、息子がたいくつしないようにと、
父親が絵かきに描かせたものですが、
息子はちっとも喜ばず、かえってイライラするばかりでした。

ある日、息子はライオンの絵に向かって、
「いまいましいケダモノものめ。僕がこんな牢屋に閉じ込められたのは、おまえと、おやじが見た変な夢のせいだぞ。ようし、思い知らせてやる」
こう言いながら、息子はライオンの目をつぶしてしまおうとして、壁に殴りかかりました。
ところが、ちょうどそこに釘が突き出ていたので、手を怪我をしてしまい、その怪我がもとで息子は死んでしまいました。
ライオンといっても、絵にかいたライオンですが、それでも息子は本当にライオンに殺されてしまったのです。

自分の運命には自分で立ち向かわなければなりません。
部屋に閉じこもるといった誤魔化しではなく、
正面から勇敢に立ち向かっていくべきだ
と、この話はおしえています。

おしまい


■教訓イソップ童話 其の7「医者と病人」

■教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」

■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif

17:30:35 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓イソップ童話 其の7「医者と病人」
2007 / 03 / 13 ( Tue )
最新の目次へ
aesop7_03.gif

aesop7_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
イソップ童話「医者と病人」

ある医者が、1人の病人の手当てをしていました。
しかし、病人は死んでしまいました。

お葬式にあつまった人々に、医者は、
「あの人も、酒を飲むのをやめて、ちゃんと完調すれば、
死なないですんだのですがね」
といいました。

これを聞いたある人が、怒りました。
「ちょっとアナタ、
そんなことは今になって言ってダメですよ。
何の役にもたたないじゃありませんか。
病人が、聞くことができる間に、
あなたがしっかりと教えてあげるべきだったのです」

友だちを助けるなら、
友だちが助けてもらいたがっているときに助けるべきで、
取り返しがつかなくなってから、
えらそうなことを言うのは間違っていると、
この話はおしえています。

おしまい


■教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」

■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif

10:30:41 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」
2007 / 03 / 09 ( Fri )
最新の目次へ
aesop6_03.gif

aesop6_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
イソップ童話「ヘルメスと職人たち」

昔、
ゼウスがヘルメスに、
全ての職人に、嘘つき薬をかけてやれと命じました。

ヘルメスはその薬を砕いて等分し、
職人たちに順々にかけていきました。

ところが、あとは靴屋だけという時、
薬がたくさん余っていたので、
ヘルメスは残り全部を靴屋にかけてしまいました。

それ以来、職人はすべて嘘つきで、
中でも靴屋はとくに嘘つきになったのです。

・・・
イソップは、
職人に特に靴屋にひどいめにあったのかもしれませんね。
 
とにかく、
この話は嘘ばかりつく人に聞かせる話だそうです。

おしまい


■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif

01:17:03 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」
2007 / 03 / 05 ( Mon )
最新の目次へ
aesop5_03.gif

aesop5_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
イソップ童話「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

子ヤギが屋根にのぼって遊んでいると
下をオオカミが通るのが見えました。

子ヤギはオオカミにむかって、
知っているかぎりの悪い言葉ばをつかって、
バカにしたり、からかったりしはじめました。

オオカミは平気な顔で、
「あわれなちびっ子ヤギくん、
わたしをバカにするのは、
ちびっ子ヤギのおまえではなくて、
おまえさんがいまいる場所なんだよ」

この話は、弱いものでも安心できる場所にいる時や、
いまなら大丈夫だというときには、
強いものに思いきってはむかうことがある、
ということを語っています。

そしてあたまの良い強いものは、
そんなひきょうものを相手にはしません。

おしまい


■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif

16:14:55 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」
2007 / 02 / 05 ( Mon )
最新の目次へ
aesop3_03.gif

aesop3_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
ネズミにかまれた牡ウシが、
腹を立てて、ネズミを捕まえようとしました。

しかしネズミは、牡ウシのこうげきをうまくかわして、
自分の穴へ逃げ込みました。

牡ウシは、じまんの角で穴をほり返そうとしましたが、
ネズミの穴は思ったよりも深く、
ネズミを引きずり出す前に疲れてしまい、
穴の前にしゃがみ込んで、グーグーと、寝てしまいました。
 
それを知ったネズミは、そっと穴から出てくると、
牡ウシにしのびより、そしてもう一度かみついて、
すばやく穴の中へ逃げ込みました。

牡ウシはビックリして、はね起きましたが、
どうしてよいやら分からずに、モーモーと、なくばかりです。

すると、ネズミが穴から頭を出していいました。
「へへん。大きければよいとは限らないのさ。
こと、いたずらにかけちゃ、
小さい方が、ずうっと有利なのさ」

たしかに、いたずらするときは、
目立つ大きな体よりも、小さい体のほうが有利です。

しかし、あまり調子にのっていると、
そのうち、痛い目にあいますよ。

おしまい


■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif


■POSTED ON METEOR
http://ameblo.jp/aya2007/
某プロダクション所属 aya2007さんの、可愛いけどしっかりしたブログです。
00:03:38 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。