スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
チベット関連ドキュメンタリー映像~長野を終えて~
2008 / 04 / 30 ( Wed )
長野の聖火リレーも終わり、今一度冷静に振り返るという意味でチベット関連のドキュメンタリー映像を張っておきます。一つを除き英語ですが。
※Viddlerが不調の時はその下のリンクをお使いください。

■Dispatches /undercover in tibet/
…雪山を越えインドへ亡命するドキュメンタリーが中心。銃撃や凍傷についても。


Google Video.

■Tibet - Cry of the Snow Lion
…過去の貴重な映像、インタビューを基にチベットの歴史と暮らしをまとめている。


Google Video.

■チベット 聖地に富を求めて
…N○Kの映像。「現在」のチベット自治区と中国の経済を中心とした関係を追っている。中国がチベット文化に着目しだし、鉄道を敷きホテルを建設し、物価の違いを利用して骨董品を集め、チベット人の若者がそこで働き…色々考えさせられる。


Veoh ※要VeohTV

その他

■History of Tibet.
前にも記事にしましたが、ここでも貼っておきます。フランスのテレビ局が制作したチベットの歴史ドキュメンタリー。


Veoh

■チベット問題を青山さんがズバッと解説

Online Videos by Veoh.com

与党で唯一?ダライ・ラマと接触を続ける太田誠一

今後もチベット問題を追い続けるなら、誰かの言葉ではなく、何かの扇動に乗るのではなく、自分で納得し動くことが大切です。

スポンサーサイト
22:01:48 | 海外を語る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チベットの歴史 since 1949
2008 / 04 / 11 ( Fri )
フランスのテレビ局が制作した、1949年からのチベットのドキュメンタリー映像です。
全編英語、55分と長いですが、分かる単語を聞いて映像を見るだけでもだいぶ伝わるものがあると思います。


※昨日はVeohの不調で今日はViddlerの突然のメンテナンスって…何か恨みでもあるのか…。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

保険1:eyeVio
<a href='http://eyevio.jp/movie/107105'><img src='http://eyevio.jp/_images/g/gc/gc83f622632798ec4f7b65a67705dbc2b/107105/rkvvfridfbedbdhsbzav_w1.jpg' />History of Tibet.</a>

Veoh版もアップしてあるのですが、Veohの仕様で30分以上の動画はブラウザでは5分までしか視聴できません。
フルバージョンを見る、またはダウンロード(そこそこ綺麗です)するには専用無料ソフトVeohTVが必要です。


Online Videos by Veoh.com

13:32:19 | 海外を語る | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
透析治療現場&患者の告白映像
2008 / 04 / 10 ( Thu )
こちらの記事で紹介した超人大陸の動画の配信期間が終了したようで、Veohで再アップ致しました。
CSSテンプレートの都合もありMETEOR側での記事となっております。


Online Videos by Veoh.com

NPO東京腎臓病協議会 会長の榊原氏による、自身の人工透析による血液透析治療中の映像です(超人大陸2006年5月3日号出演)。血液透析とは、腎臓が(一部、もしくは完全に)機能しなくなってしまった人が機械を通して血液中の毒素を抜き、きれいにして戻すという治療です。まずこのことだけ頭に入れて、映像を見て頂きたいです。感覚で知り、この現状を脳裏に焼き付けることが一番大事だと思いますので。

10:58:59 | メディアが伝えない | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Newsweek-捕鯨ニッポン批判の偽善
2008 / 04 / 09 ( Wed )
※投稿翌日、Veohの調子が悪かったのでviddlerで同じ映像を貼ってあります。下のVeohの方が画質はいいです。


Online Videos by Veoh.com

2007年のIWC総会で行った日本側の「調査捕鯨の一部自粛」という譲歩提案。この時調査捕鯨と引き換えにしたのは和歌山県太地などの4地域で今後5年間ミンククジラの小規模捕獲を認めてほしい、というアラスカ、グリーンランドと同じカテゴリーの先住民捕鯨であるが、「販売を行う限り商業捕鯨である」とこれを却下。
同時にグリーンランドには先住民枠として新たにミンク25頭等の捕獲が認められ、アラスカとロシアの先住民は今後5年間に計280頭のホッキョククジラの捕獲を認められた。

ちなみに資源状態が極めて良好な日本側が主張するミンククジラと異なり、先住民捕鯨対象のホッキョククジラの資源状態は極めて悪い。また、先住民捕鯨対象地域では副産物であるクジラの骨の工芸品が売られている。日本の販売にあたる行為を全て「商業捕鯨」と否定しておきながらである。

しかも、IWC加盟国であるノルウェーの独自に設置した年間1,050頭の商業捕鯨枠を同じくIWC加盟国であり反捕鯨側のイギリスは黙認している。
イギリスの反捕鯨団体キャンペーンホエールのメンバーは、「英国にとってノルウェーは大切な貿易相手国であり、天然ガス輸入で契約を結んだばかりだからだ」とまで語っている。


…なんとムチャクチャな。


10:57:38 | 鯨☆くじら★クジラ☆ Whale Today. | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。