スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
未解明の体験談/番外編2「TV番組からも拒否されたお話」
2007 / 09 / 16 ( Sun )
とある東北地方の大学。そこへ行く道中を何気なく車の助手席からビデオカメラで撮影していた。
その道の途中には、実は「自殺の名所」として知られている橋があるという。
自殺者が後を絶えないため、自殺者が出る度に防止用のフェンスを高くし、ついには内側にフェンスを曲げることにしたが、その工事中にも自殺志願者が現れ、それを押し止めようとした際に下を見たら先客がいたという逸話があるほどだ。
当然、カメラはその橋も撮影していた。
大学に着いてから、早速ビデオを再生した。すると、問題の橋のところで、この世のものとは思えない光景が映し出された。
これはスクープだとビデオを某奇跡番組に送ったが、事前に御祓いをして霊的な影響が出なくなったものを放送していると言う同番組は「これは危険過ぎて取り扱えない」と送り返されてしまった。
そこに映っていたもの・・・それは、橋の左右の欄干の上にズラリと並んだ無数の生首が川の方を無言で見つめているというショッキングなものであった。
しかも、後日再びそのビデオを再生すると、生首数が明らかに増えているのだと言う。
そのビデオが、その後どうなったかは知らない。

(マイミクからの投稿)
06:54:05 | 未解明の体験談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<未解明の体験談/番外編3「見える一族」 | ホーム | 未解明の体験談/番外編1「広島」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/103-6d839327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。