スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
足かせつきのシャバ暮らし、「エレクトロニクス・モニターリング ( EM ) 」システム
2008 / 03 / 11 ( Tue )
figure2.jpg
just594.jpg
keyimg20080125_8666836_5.jpg
3_EM.jpg
1188255261_0c9a79d266.jpg
1108058983_8af6c0651a.jpg

エレクトロニクス・モニターリング ( EM )

仕事に従事し、定住していることと電話があることが条件。1日20フラン ( 約1900円 ) の手数料が服役者に課せられる。足かせには発信装置が組み込まれており、服役者の週の予定がプログラムされている。服役者のプライベートな部分も管理される。例えば、服役者が仕事を始める時間や終了し家に帰る時間、買い物、外食する時間なども決められている。(以上スイス)

■EM ヨーロッパ、アメリカの状況

1980年、アメリカで世界で初めて導入された。監獄の収容許容量の超過問題を解決するための導入だった。現在アメリカでは、10万人がEM服役者という。さらに2007年には新しいEMが導入された。24時間体制で服役者の血液にアルコールが混入されたかも分かる。アルコールの影響下で犯罪を犯した場合、禁酒を強制される。

ヨーロッパではイギリスが1989年に導入しその後、スウェーデン、オランダが導入した。特に政治的な措置として使われることがある。例えばサッカー戦のある一定期間、自宅に拘束を強いられるサッカーのフーリガンに取り付け、監視するという措置だ。

スイスでは1999年から試験的に使われ、2000人がEM刑を受けた。

(感想+)
刑務所の収容及び費用面での限界、人権等を考えると未来型のシステムなのかもしれませんが…。
色々考えさせられます。国家の強制力の行き過ぎとか機械の故障とかがね。

ちなみに多発の性犯罪が問題視される韓国では2007年4月2日に「電子腕輪法」、ここで紹介したのは足かせばかりですが腕の方のEMですね、これが可決されており、早ければ2008年10月ごろから施行される見込みとのこと。影響を考えるとそのうち日本でも導入されそうですね。エスカレートして死刑囚042とかバトロワみたいになっちゃうと恐ろしいですが。

以下、韓国での可決時のニュース

「電子腕輪法」と呼ばれる法案が4月2日、韓国国会本会議で可決された。
この法の正式名称は「特定性暴力犯罪者に対する位置追跡装置着用に関する法律」というそうである。常習的な性犯罪者に電子腕輪や腕輪のような装置を強制的に着用させ、その人物がどこで何をしているのかを監視できると言うのである。対象は強姦(ごうかん)や性的いたずらなどの性犯罪を2回以上犯しており、常習犯として認められた者と、13歳未満の子どもに性的暴力を働いた者とのことである。

韓国は世界でも有数の性犯罪発生国である。人権問題に抵触しそうな法案ではあるが背に腹は替えられない。勿論韓国の独創ではなく、韓国以上に性犯罪が深刻な米国の一部の州とフランス、スイス、オーストラリアが常習的な性犯罪者に着用させている「Electronic Monitoring Bracelet」の訳語である。

ELECTRONIC MONITORING
http://www.johnhoward.ab.ca/PUB/A3.htm


電子的に刑務所外の社会で犯罪者を監視する概念はアメリカの心理学者Dr. Robert Schweitzgebel によって 60年代に既に想像されていたたが、実用化までにほぼ20年かかった。 電子監視プログラムは米国、カナダ、イギリスおよび他の多くの国家で刑務所の人口を減らすために世界的に考案された。
犯罪者を刑務所に入れておくより、ELECTRONIC MONITORING によって社会に放出する方がコストが安いためである。

現在の電子監視プログラムは、仮釈放者に強制的に取り付けた端末装置から信号を24時間受信し、仮釈放者の所在を確認する方法が採用されている。
絶えず信号を送り続ける装置は3つの必要な部品を備えている。仮釈放者に装着させる端末送信機、監視する警察サイドに設置する受信機および解析用コンピュータである。送信機は仮釈放者の手首か足首に紐で縛られ、電話回線を利用したコード化された信号を定期的に発信する。 警察は受信機が得た情報をコンピュータに解析させレポートとして記録する。
ELECTRONIC MONITORING のプログラムシステムでは、コンピュータは無作為にまたは特定時に仮釈放者を呼び、次に呼出しの結果で仮釈放者の状況を判断するる。 将来、全体的位置方式(GPS)技術が仮釈放者のあらゆる移動を追跡するために使用されるかもしれない、とのことである。技術的には簡単にできそうである。

韓国の場合、電子腕輪着用までの過程は状況によって違う。性犯罪を犯し、懲役を終えた者に対し、検事が電子腕輪の着用を請求し、判事がこれを認めるかを決める。
収監中に仮釈放される場合は、法務部の審査委員会が電子腕輪を着用させるかどうかを決定する。腕輪を着用する期間は最大5年である。

この新しい法は公布から1年6カ月経過後に施行されることから、早ければ2008年10月ごろから施行される見込みとのことである。

日本でも性犯罪者の累犯は問題視されている。ELECTRONIC MONITORING の運用に関しては検討の余地が大きいと思われる。
資料:
swissinfo「足かせの囚人」
Wikipedia「死刑囚042」
韓国電子腕輪法のニュース関連

22:55:23 | 海外を語る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<面白いこと宣言 | ホーム | 日米スター・ウォーズコミック比較2 エピソード5&6>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/135-4bd3d4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。