スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
スイス初 同性愛カップルの婚姻届が受理される
2007 / 01 / 05 ( Fri )
最新の目次へ
070105dosei_03.gif

スイスでは2005年に成立した新しい連邦法により2007年1月1日から、ゲイおよびレズビアンのカップルによる同性婚の関係が法的に認められ、早速2日にはスイス史上初の同性愛カップルによる届出が行われ、ティチーノ州の登録窓口で受理された。

資料:swissinfo.org

この同性婚を届け出たカップルは同居生活を30年間続けていたとのことである。しかし本人たちの希望により名前は伏せられている。
プロ・ゲイの結婚についての団体「インバルコ・イメディアート」に所属し、二人の同性婚の儀式に参列したドナテッラ・ザッパ氏は、「儀式は届出の窓口の係官によって進行し、整然と執り行われた」と語った。 またザッパ氏によると、「本日結婚した二人は既にかなりの老齢であり、彼らの人生の最高の瞬間を迎えるこの時を、そわそわしながら待ち望んできた」とのことである。

■同性婚者の権利について

・2007年1月1日より発効した連邦法により、同性婚はスイス全土で法的に認められるようになっている。法令の定めるところにより、同性のカップルは届出窓口において同性婚関係の登録を行うことができる。

・ゲイのカップルによる同性婚は呼称において婚姻と区別されるが、新しい法令の下では年金の受給、相続、税務上の措置、および債務について、婚姻関係と同等とみなされる。

・外国人が相手である場合でも、パートナーの永住権が認められる。しかし帰化については、婚姻関係にあるカップルのような簡易な手続きでの許可は下りない。

・養子縁組および(人工授精や卵子提供などの)人工的な出産のための処置は禁止されており、同性婚関係の解消は裁判所においてのみ行うことができる。

■他国における同性婚

オランダ、ベルギー、スペイン、アメリカ・マサチューセッツ州では完全に認められており、オランダとベルギーに至っては養子縁組も可能。
カナダは多くの州で認められており、2005年7月20日には議会を通過している。
資料:wikipedia

edited by かなやりさ
translated by えたんだーる


■日本メディアが報道しないニュースシリーズ
中国・ヨウスコウカワイルカが絶滅…日本メディアは報じず
日本の新聞は反日新聞?~地方紙が一斉報道する北朝鮮蔑称問題、全国メディアは完全無視!!~
地球温暖化が遂に人類に牙を向く!! ~押し寄せる氷塊の攻撃~ (日本メディアは無視…)


iwantyou_03.gif


23:18:48 | メディアが伝えない | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スイスで究極の(バカ)アーミーナイフが誕生した | ホーム | 吉野家に物申す!!「箸のポイ捨てだけは見たくない」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/14-002e2c76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。