スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
Newsweek-捕鯨ニッポン批判の偽善
2008 / 04 / 09 ( Wed )
※投稿翌日、Veohの調子が悪かったのでviddlerで同じ映像を貼ってあります。下のVeohの方が画質はいいです。


Online Videos by Veoh.com

2007年のIWC総会で行った日本側の「調査捕鯨の一部自粛」という譲歩提案。この時調査捕鯨と引き換えにしたのは和歌山県太地などの4地域で今後5年間ミンククジラの小規模捕獲を認めてほしい、というアラスカ、グリーンランドと同じカテゴリーの先住民捕鯨であるが、「販売を行う限り商業捕鯨である」とこれを却下。
同時にグリーンランドには先住民枠として新たにミンク25頭等の捕獲が認められ、アラスカとロシアの先住民は今後5年間に計280頭のホッキョククジラの捕獲を認められた。

ちなみに資源状態が極めて良好な日本側が主張するミンククジラと異なり、先住民捕鯨対象のホッキョククジラの資源状態は極めて悪い。また、先住民捕鯨対象地域では副産物であるクジラの骨の工芸品が売られている。日本の販売にあたる行為を全て「商業捕鯨」と否定しておきながらである。

しかも、IWC加盟国であるノルウェーの独自に設置した年間1,050頭の商業捕鯨枠を同じくIWC加盟国であり反捕鯨側のイギリスは黙認している。
イギリスの反捕鯨団体キャンペーンホエールのメンバーは、「英国にとってノルウェーは大切な貿易相手国であり、天然ガス輸入で契約を結んだばかりだからだ」とまで語っている。


…なんとムチャクチャな。


10:57:38 | 鯨☆くじら★クジラ☆ Whale Today. | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<透析治療現場&患者の告白映像 | ホーム | 「何か」に使う人のためのチベット国旗素材各種>>
コメント
----

うわ~すごくムカツク話ですね。
正に偽善以外の何者でもない。
by: なり * 2008/04/09 12:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

>イギリスの反捕鯨団体キャンペーンホエールのメンバーは、
>「英国にとってノルウェーは大切な貿易相手国であり、
>天然ガス輸入で契約を結んだばかりだからだ」
>とまで語っている。

この人自身はどう思っているんだろうか?
ノルウェーにはだんまりな英国に不満を抱いているのか?
それとも、契約を結んだばかりだから仕方ないと思っているのか?
それともノルウェーは別という考えなのか?

この短い文章だと判断できないけどね
by: * 2008/04/09 18:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

国際関係って結局こういうものだよね。
国家の主張には必ず国家エゴが入り
それは「強者の理論」で実現される。

最近かしましいチベット問題も、迫害されるチベットの人々はかわいそうだと思うが、サルコジはフランスを親中から反中に変えたからやってるだけ。
アメリカはチベットの件で中国を批判し、コソボは自ら独立のシナリオまで書いたりするが、トルコの独立を目指すクルド人弾圧は黙認するし、テロリスト潜伏を理由に、普通のパレスチナ市民の住むガザ市街地へ無差別爆撃をするイスラエルを支持してたりする。
by: * 2008/04/10 17:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/140-7af781e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。