スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ソーラー飛行機による燃料なしの世界一周プロジェクト「ソーラー・インパルス」
2009 / 08 / 25 ( Tue )
solarimpulselead.jpg

以前「史上初、ソーラーボートで大西洋横断」というスイス発の『海』のソーラープロジェクトを紹介しましたが、今度は同じスイスの冒険家のベルトラン・ピカール(Bertrand Piccard)氏による『空』のソーラープロジェクト、「ソーラー・インパルス」を紹介します。

このプロジェクトは2011年に100%太陽発電の飛行機「ソーラー・インパルス(Solar Impulse)」号で世界一周するというもので、機体は既に造られており(テストと調整中で、6月27日試作機を発表)、パイロット訓練も行っています。
下記のswiss infoのリンクで、日本語で翻訳された詳しい動画を見ることができます。見ればプロジェクトの全容が分かる親切なつくりです。

http://www.swissinfo.ch/jpn/multimedia/video/detail.html?siteSect=15045&ty=vn&sid=10925321&quality=high
個人的にはNASAの機体でも失敗したというソーラーパネルを搭載した翼と機体の剛性のバランス、対応が幅広く利く代わりに速度の出せないエンジン、熟睡を許されずヨガを身につけ催眠法でカバーするパイロットなどに苦労を感じました。

スイスの冒険家、ベルトラン・ピカール(Bertrand Piccard)氏は飛行家であり精神科医師でもある方で、1999年3月1日から21日にかけての20日間弱の飛行で気球による初の無着陸世界一周飛行を達成した(FAI公認世界記録としては世界一周最短時間記録370時間24分)記録を持っている方です。
氏の公式サイトでは熱気球からソーラー飛行機への夢の移り変わりがトップから現れており、「ソーラー・インパルス」公式サイトでは映画風のBGMと共に流れるプロジェクト動画等を見ることができます。

・ベルトラン・ピカール(Bertrand Piccard)氏公式サイト ※いきなり氏の肉声流れます注意
http://www.bertrandpiccard.com/
・「ソーラー・インパルス」公式サイト
http://www.solarimpulse.com/

・「ソーラー・インパルス」スペック
翼幅80m
高度最大12000m
外気の気温 + 80℃ ~ -60℃
載積重量最大2,000 kg
平均時速70 km
エンジンパワー最大40 kW
カーボン繊維主体
サンドイッチ構造
バッテリー重量 450 kg
バッテリーキャパシティ 200 Wh/kg
130ミクロンの単結晶シリコン太陽電池11,628枚

コックピット
環境・ライフ制御装置
人体から出るCO2排出・湿度コントロール
1人乗り

solar-impulse-6.jpg
solar-impulse-5.jpg
solar-impulse-2.jpg
solar-impulse-1.jpg


ソーラーボートの記事を紹介した頃と同じ気持ちですが、ちょっと閉塞感が多いこの時代に「燃料なしで超長距離を移動する」乗り物に夢と希望を見出してみませんか?

22:02:57 | 海外を語る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<楽しそうにカンガルーを狩るハンター写真 『彼ら』と『我々』の違い | ホーム | 約50万円で建設できちゃう紙製の家(もちろん風雨に耐える)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/158-13509bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。