スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
楽しそうにカンガルーを狩るハンター写真 『彼ら』と『我々』の違い
2009 / 09 / 06 ( Sun )
※グロ注意で。

サムネ表示。クリックで高画質になります。

2118086900085117391XUBEuu_ph.jpg
2984512240085117391ciyVmf_ph.jpg
2129358980085117391NxDqdZ_ph.jpg
2880316690085117391SCJyoC_ph.jpg
2651844360085117391BYPrOy_ph.jpg
2616218940085117391QWGHhv_ph.jpg
2904560380085117391rxCsnE_ph.jpg
2307131980085117391VkhXtD_ph.jpg
2595453080085117391sARKrj_ph.jpg

猫も。
2840795700085117391dBHJtV_ph.jpg
2851107930085117391tronew_ph.jpg

自分達の価値観でこういうのを作らないで頂きたい。
Dolphin-Sushi-36648.jpg

写真ソース:Kangaroo Hunt


同じように愛すべき動物であり、同じような問題(一部で増え続ける)を抱えるイルカとカンガルー。「taiji dolphin」で検索しても海外が収集したグロテスクな画像が山ほど出てきますが、命の尊厳は『我々』と『彼ら』で根本的に違うものがあると思います。同じ狩りでもこれとは全く違うものです。
事実政府が「カンガルー肉を利用するように」との号令を出す1990年代までは皮以外は無造作に捨てられていたそうです。これは鯨も同じでしたね。

虐殺が根本にある『彼ら』に、「いただきます」の精神で殺さざるを得なかった動物も食してきた『我々』の文化を軽々しく非難してほしくないし、政治利用のための一時的に盛り上がってるキャンペーンに流されて同じ日本人が歴史と現場のことをろくに知りもせず非難してほしくない、これが本音です。


参考:「二重基準大臣」ロバート・ヒルがオーストラリアの動物版アパルトヘイトを推進する
00:59:48 | 動物問題 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<海上保安庁・不審船事件の映像がすごい | ホーム | ソーラー飛行機による燃料なしの世界一周プロジェクト「ソーラー・インパルス」>>
コメント
----

胸糞悪いな
by: * 2009/09/06 19:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

モンハン3の掲示板に上げるべき
by: 名無氏 * 2009/09/06 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

大量のオーブが映ってる。
by: VIPPERな名無しさん * 2009/09/07 10:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

あちらには鏡がないのだろうか
by: * 2009/09/09 02:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

オーストコリアに何を期待してるんだ?
こんなやつらだってこと、前々から分かってるだろ
by: * 2009/09/09 11:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

食えよ!?せめて!!ネコの餌でいいから!!
by:   * 2009/09/09 16:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

ハントした生き物はちゃんと食おうぜ
それが礼儀ってもんだろ
by: * 2009/09/09 17:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/159-b1538463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。