スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
労働ビックバンって死ね!って事? -正社員待遇を非正規社員水準へ- (The true voice of national.)
2006 / 12 / 20 ( Wed )
061218ttvn_03.gif

昨夜(※12/18夜)、こんなニュースが出ているのを知っているだろうか?

<労働市場改革>正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す

12月18日22時1分配信 毎日新聞

 経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での検討も必要との認識を示した。八代氏は、労働市場流動化のための制度改革「労働ビッグバン」を提唱している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061218-00000130-mai-bus_all


このニュースの言っている意味わかりますか?
経済格差が広がっているから、低い方に合わせて正社員の賃金を削減しましょうと言っています。
物価がこのままで、正社員までもがフリーター並みの給料しかもらえなくなったら、誰が消費するんでしょうか?
これって、更に自殺者を増やしていって、増えすぎた人口を抑制しようってことなんでしょうか?
これによって、一時的には企業が儲かりますが、働かないニートが激増する事が予想され、結局は競争力を失って破滅するだけに思うのですが・・・
労働ビックバンって・・・死ね!って事なんですかねぇ・・・

で、そもそもこの『八代尚宏』って奴なんだけど、昨年、弱者を抱えて共働きできない家庭を狙い撃ちにした、配偶者控除廃止に関して、こんな事を言っている人物である。
http://smartwoman.nikkei.co.jp/culture/news/article.aspx?id=20020101c1001c1

この人の思想・・・頭のネジが何本か抜け落ちた欠陥品じゃないかって思うくらいアホな事言ってますよね。
そもそも、この制度って一生懸命働こうとしているけど、家庭の都合で働けないって人を救う為に設けた制度じゃなかったでしたっけ?政府が国民に巣食うためじゃないはずなんだけどなぁ・・・
それに、子供の心の教育において、母親が共働きのために不在になるという事がマイナスに働くというのは、結構前から立証されていますし、そもそもこの制度自体が、働くことを前提ではなく、働けない人を前提にしているという根本的な部分の捕らえ方が違っているってのは、日本経済研究センター理事長とか、国際基督教大教授なんてのをやっていること自体、おかしいと思いますがいかがですか?

かなり憤りを感じたので、ひどい言い方になってますが、マジありえない話です。

/匿名希望 wrote.

■編集部追記:
061218ttvnb_06.gif









iwantyou_03.gif

01:23:43 | The true voice of national | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<最初の宇宙飛行士はスイス人 | ホーム | 2006/12/17/ 「METEOR 始動」>>
コメント
----

八代ってのは発言を見ていると、まるで政府、官僚、経団連のロビイストみたいなやつだなぁ(´・ω・`)
こんなのが日本経済研究センター理事長で、大学教授もやってるんですね(`・ω・´)

まずは国会議員および公務員、特殊法人職員などから給料の大幅削減するのが筋ってものですよ!!
まぁ、今の流れでいくとこの国は衰退の一途を辿るでしょうね。
ホワイトカラー・イグゼンプションといい、正規非正規の同待遇といい、
ごく一部の層だけがピンはねできる部分といい なんだか共産主義みたいになってきましたね!
労働組合なんて形だけでほとんど機能してないし~
日本は先進国の中で最も共産主義が成功した国と将来語られるかもですねw
でも、真の共産主義ならばみんなが平等な社会だけど、資本主義の枠の中の共産主義だから性質が悪い・・・
労働者は完全に奴隷扱い(´・ω・`)y―┛~~
表向きは先進国でも~潤ってるのはほんの一握りの資本家だけで、実態は貧困層がいっぱいの格差超大国。

・派遣法改正
・郵政民営化
・外国企業による株式交換買収規制解除
 (来年からは米国の異常に高いバブル株と日本株の交換合併可能になるので優秀な日本企業が外資の傘下に~)
・外資投資比率50%超企業による政治献金規制解除
・労働ビッグバン

今までやってきたこと、これからやろうとしていることを見ると、政治家、官僚なんてのは国民のことなんて全く考えてませんよ!
自分さえ良ければいいと考えてる税金に巣食う寄生虫なだけで、やることはみんなアメリカ、外資やごく一部の富裕層のためにだけ働いてるんだと私は解釈しています(´・ω・`)
小泉~安倍路線で日本は壊滅的な状況になってきちゃいましたね・゜・(゜´Д`゜)・゜・
by: * 2006/12/19 23:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

何故こういう流れが加速していったか?
選挙で自民・公明を勝たせてきたからの一言に尽きるんてすよね。
結局のところ選挙である程度の危機感という物を持たさないと、お上の連中はやりたい放題なんですよね・・・・。
これだけ苦しい現実を経験したり、今後経験するかもしれない事を国民はだんだん解ってきているので、次回の選挙当たりで少しはマシな結果になりそうですけど、基本的に政治に興味ないこの国の人達ではやっぱ駄目かなぁとも思います。
選挙への投票は自分達の意見を伝えるだけでなく、お上への抑止力にも繋がると、この国の政治に興味ない人達は覚えて貰いたいですね・・・・。

by: 憂鬱 * 2006/12/20 13:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

正直な話、個人的には諦めムード全開です。。。

自分が直接痛むわけではないから、こんな内容(&現実を見ていない)の提言になるんでしょう。。。

日本に居る理由って、日本語が話せることとだけ? スキルがあれば、外へ出たいと渇望する日々。。。

内側から声を上げるより、外側からなら一気に破れる国だからね(笑
by: kaji * 2006/12/20 22:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

内容については、他の方のコメントに付け加える事もなく、
失望とともに、ほんとにこんな国出て行ってしまいたい衝動に駆られます。。

ところで、本文の内容について質問があります。
「子供の心の教育において、母親が共働きのために不在になるという事がマイナスに働くというのは、結構前から立証されています」
について、このような研究について浅学な為、目にした事がありません。
同様の実証がされているURLや書籍等がありましたら教えて下さると幸いです。

内容の一部を取り上げて、煽りのように受け取られてしまわないか心配ですが、
そういった意図はなく、純粋な興味からの質問です。
本文の主題とはあまり関係ない質問で恐縮なのですが、何卒よろしくお願い致します。
by: Ken * 2006/12/22 07:41 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: Kenさん--

文部科学省のHPにて以下のような研究結果が発表されています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/05032201/003.htm

なかでも、1-(2)-(4)にて

適切な情動の発達については、3歳くらいまでに母親をはじめとした家族からの愛情を受け、安定した情緒を育て、その上に発展させていくことが望ましいと思われる。生まれてから5歳までの情動の基盤を育てるための取組は大変重要であり、その後の取戻しは不可能ではないが、年齢とともにより困難になると思われる。

という事からも判るように、早い時期から共働きなどで保育所へ預けるなど、母親から引き離す行為は、安定した情緒(つまり心の発育)に悪影響をもたらし、これは後年に挽回できないものだそうです。
by: METEOR編集部 * 2006/12/26 17:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

>METEOR編集部様
以前に内容について質問したものです。
ご解答に感謝致します。

ただ指摘頂いた提言中にも「思われる」という表現であり、
実証的な研究を具体的に挙げたものでは無いように思います。

なんとなく、悪い影響がありそうだというのは「仮説」として自身でも容易に想像されるんですが
「立証」したという事は、その証拠として具体的な実証研究でポジティブな結果があったのかと思い、
その証拠を見てみたくてコメントさせて頂いた次第です。
(偉い先生が言ってるのが証拠だといえばそれもそうなんですが)

実証研究として共働き期間と問題行動頻度の相関の分析とかいかにもありそうで、
執筆された方がご存知かとも思ったのですが…
本文とは関係ない話ですし、詳しくは自分で調べてみます。
どうも有り難う御座いました。
by: Ken * 2006/12/28 22:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/6-96f54684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。