スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
教訓イソップ童話 其の12「野ネズミと家ネズミ」
2007 / 06 / 23 ( Sat )
最新の目次へ
aesop12_03.gif

aesop12_06.jpg


editor かなやりさ
illustrator 岡田恭子 (リンク先→HP)
writter 匿名希望(多謝!) with Aesop's Fables.

[text field]
野ネズミと家ネズミとは仲良しでした。

家ネズミは友だちの野ネズミによばれて、
ごちそうになりに、いそいそと野へ出かけました。

ところが
オオムギとコムギばかり食べさせられたので、
こう言いました。
「これじゃあ、きみ、まるでアリの生活だ。
うちへくれば、うまいものがいっぱいあるから、
一緒に来て、何でもおあがりよ」

そこで2匹はすぐさま出かけました。
そして、家ネズミが見せたのは、マメやムギのほかに、
ヤシの実や、チーズや、ハチミツや、くだものでした。

そこで野ネズミはびっくりして、
家ネズミのくらしをたいそうほめて、
身の不幸せをなげきました。

さて、いよいよごちそうに手を出そうとしたとき、
急に人間が戸をあけました。
ネズミは、臆病ですから、2匹ともその音におどろいて、
壁のわれめに飛び込みました。

しばらくして、今度は、
干イチジクをとりあげようとしていますと、
別の人が部屋の中へ、何かとりに入ってきました。
それを見て、ネズミはまた、穴に飛び込んでかくれました。

そこで野ネズミは、おなかのすいたことなど忘れて、
ためいきをつき、家ネズミに言いました。
「さようなら。君は、危ない目や、怖い目にさんざん会いながら、腹いっぱい食べて、機嫌良くそれを味わっているが、
私はいくらみじめでも、怖い目に会わずに、
オオムギやコムギを食べて、のんきに暮らしていくよ」

びくびくしながら贅沢するよりは、
質素に暮らしてのんきに生きているほうがいいのです。

おしまい


■教訓イソップ童話目次

■教訓イソップ童話 其の11「ライオンに恩返しをしたネズミ」

■教訓イソップ童話 其の10「ラクダとゾウとサル」

■教訓イソップ童話 其の9「旅人と運命の女神」

■教訓イソップ童話 其の8「1人息子と絵にかいたライオン」

■教訓イソップ童話 其の7「医者と病人」

■教訓イソップ童話 其の6「ヘルメスと職人たち」

■教訓イソップ童話 其の5「屋根の上の子ヤギとオオカミ」

■教訓イソップ童話 其の4「ネズミと牡ウシ」

■教訓イソップ童話 其の3「ゼウスとサル」

■教訓イソップ童話 其の2「ロバと植木屋」

■教訓イソップ童話 其の1「オオカミとサギ」

iwantyou_03.gif
11:55:45 | イソップ童話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<目次メモ071023 | ホーム | R25とL25の「現実」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://meteors.blog85.fc2.com/tb.php/73-41c40203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。