スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
第一幸福丸転覆事故 海上保安庁所有のノーカット捜索映像
2009 / 11 / 17 ( Tue )
前回に引き続き、『海の王国』11/16号で配信された海上保安庁のすごい映像を紹介します。
内容は、3名の乗組員が奇跡の生還を遂げた『第一幸福丸転覆事故』の、報道機関ではなく海上保安庁が撮影した分のノーカット映像(らしい)もの。船体発見と、救出後の船内水中捜索の模様が映し出されています。

以下、動画へのリンクと抜き出した静止画でご紹介します。


■船体発見映像

※クリックで新規ウィンドウでの動画スタート

1.
海上保安庁の救助船が近づく。
「船名を確認した 第一幸福丸」

第一幸福丸船体発見01_540

2.
徐々に接近する海上保安庁の救助船。
転覆した第一幸福丸の船底は波により時折ほとんど隠れてしまうほど。
「報道ヘリが接近しすぎているため中の音が確認できない」

マスコミ邪魔するなよな…

第一幸福丸船体発見02_540

3.
潜水士(海上保安庁でも『海猿』の呼称を使っているようなので、以下海猿)が救助船から第一幸福丸船底へ移動。中の音の状況を確認。

第一幸福丸船体発見08_540
第一幸福丸船体発見09_540


■船内水中捜索映像

※クリックで新規ウィンドウでの動画スタート

4.
おそらく『海猿』メンバーによるものと思われる、水中カメラの映像。救出後の船体と船内の様子を映している。
転覆した船体にうっすらと『第一幸福丸』の文字が見える。

第一幸福丸船内捜索01_540

5.
甲板から下へ向かって網等が伸びている。
第一幸福丸船内捜索05_540

第一幸福丸船内捜索04_540
第一幸福丸船内捜索17_540

6.
静止画を記録する係の『海猿』メンバー

第一幸福丸船内捜索13_540

7.
はっきりと見える『第一幸福丸』の文字。
『海猿』メンバーが船内へ移動を始める。

第一幸福丸船内捜索19_540
第一幸福丸船内捜索21_540
第一幸福丸船内捜索23_540
第一幸福丸船内捜索24_540

8.
チームで協力して調査する『海猿』メンバー。酸素ボンベを受け渡しての連携移動などお見事。

第一幸福丸船内捜索26_540
第一幸福丸船内捜索28_540
第一幸福丸船内捜索33_540
第一幸福丸船内捜索34_540
第一幸福丸船内捜索35_540
第一幸福丸船内捜索36_540
第一幸福丸船内捜索37_540

9.
船内へ。海水と暗さと声もBGMもないその場の音だけが合わさってかなり怖いです。

第一幸福丸船内捜索37_540
第一幸福丸船内捜索42_540
第一幸福丸船内捜索43_540

10.
海面。ここを境に報道でも注目された海水が浸透していないスペースができていました。

第一幸福丸船内捜索44_540
第一幸福丸船内捜索48_540
第一幸福丸船内捜索45_540

11.
一枚目はおそらく救助まで使われていた毛布か何かです。ホラーではないです。
これらのスペースに横になって身を休めていたようです。

第一幸福丸船内捜索51_540
第一幸福丸船内捜索49_540

■まとめ

今回の状況を知る上で大変貴重な映像だと思います。
前回の不審船との対応もそうですが、海上保安庁のプロフェッショナルな仕事には頭が下がります。ひたすらに感謝。
今後もこのような(あまり日の当たっていない)資料があれば積極的に取り上げていきたいと思っています。

21:14:18 | メディアが伝えない | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
この国を変える流星-METEOR-目次
2009 / 10 / 02 ( Fri )
NEW!!
shoka_540.jpg
海上保安庁・不審船事件の映像がすごい

■動物問題
楽しそうにカンガルーを狩るハンター写真 『彼ら』と『我々』の違い NEW!!
これが保健所の実態

■海外を語る
約50万円で建設できちゃう紙製の家(もちろん風雨に耐える) NEW!!
チベットの歴史 since 1949
チベット問題、スイスの視点
チベット問題~中国のYouTube規制に対しVeohでアップ
足かせつきのシャバ暮らし、「エレクトロニクス・モニターリング ( EM ) 」システム
アフリカのサバンナで優雅に暮らそう!! 素敵デザインのプレハブ小屋
汚れきったスイスの総選挙…選挙ポスターから見る排斥主義と非難の声
スイスに存在する2つの安楽死組織
スイスで急増する農家を目指す若者たち
マジックテープはスイス発祥
ユビキタス時代到来の予感
止まらないスイスの好景気
スイスで究極の(バカ)アーミーナイフが誕生した
精神を軽視していいのか!? ~スイス政府に見放される『代替医療』
最初の宇宙飛行士はスイス人

■[WHALE TODAY] NEWS INDEX ~捕鯨に関する最新ニュース
グリーン・ピース=盗人
Newsweek-捕鯨ニッポン批判の偽善
シー・シェパード(Sea shepherd)側から見た妨害映像及び主張
信用に足る鯨とは何か
鯨の良い点悪い点
南氷洋の戦闘…1/15シーシェパード、1/22グリーンピース妨害映像
[WHALE TODAY]目次

■日本メディアが報道しないニュースシリーズ
[写真]ガザ地区で起きていること
貴重な映像から振り返る第二次世界大戦時の日本
透析治療現場&患者の告白映像
「何か」に使う人のためのチベット国旗素材各種
12/19首相官邸前 薬害C型肝炎原告患者 川田龍平議員 他によるデモ映像
ビデオ業界誌での松本零士インタビュー(2000年)…連鎖する作品群の秘密を語る
平沼赳夫"警鐘塾"復帰メッセージ…復党問題と脳梗塞の舞台裏を語る
黒川紀章氏最後のメッセージ
国土交通省が何気に持ってるスーパーマシン達
【欧州】動物に感染するウィルスの猛威
R25とL25の「現実」
総務省に意見を送った ~データ通信量が多い利用者への追加課金・通信規制を容認について~
メキシコで5000人が集まるコスプレイベントが実施される~Cosplay TJ 2007~
「景品所放火未遂で韓国籍崔熙吉容疑者(41)逮捕」+2007年朝鮮系犯罪まとめ~2007年の犯罪数50件突破~
器なしで食べるラーメン~漫画から学ぶ韓国軍隊式インスタントラーメン~
貞本義行氏、永野護氏ら人気アニメーター・漫画家が手がけた戦闘機ノーズアート
黒川紀章選挙後インタビュー全文
史上初、ソーラーボートで大西洋横断
過激派反捕鯨団体シー・シェパードの攻撃を受けた日新丸の映像+資料
「少年」の正体は29才の性犯罪者…入学申請後、関係者3人と共に起訴される(米アリゾナ州)
JASRACの不透明計算と不透明基金…内部でも狂いまくり
-41℃の極地で脱いだ海軍のヒロイン
中国で新たな鳥インフルエンザ発覚…世界中が注目するも日本メディアは無視!!
中国・ヨウスコウカワイルカが絶滅…日本メディアは報じず
日本の新聞は反日新聞?~地方紙が一斉報道する北朝鮮蔑称問題、全国メディアは完全無視!!~
地球温暖化が遂に人類に牙を向く!! ~押し寄せる氷塊の攻撃~ (日本メディアは無視…)
スイス初 同性愛カップルの婚姻届が受理される

■ちょっと一息
鉄仮面写真集 鎧もあるよ
第三帝国の都市開発・都市計画
インドのマサルさん?
[写真]山に彫るでっかい顔の彫像ができるまで
頑張ったって文句を言われるのは…PC「へへへ、おいらもしょっちゅうですぜ」
日米スター・ウォーズコミック比較
日米スター・ウォーズコミック比較2 エピソード5&6
「霊媒師いずな」、遂にスーパージャンプ本誌に登場!!
銀河帝国通貨
映画化記念!!スーパージャンプで男塾塾生同窓会/あの人は死んだはずじゃあ…
巨大プレステ3チョコレート
魅惑の外人コスプレ
実写版 魁!!男塾 追加情報/江田島平八役は…… (写真付き)
ぬ~べ~復活の兆し!? ー女子高生イタコのいずなさん、Oh SUPER JUMPに登場!!ー
「1994年ゲームクリエイター達の言葉(1)/堀井雄二、坂口博信、宮本茂」
「1994年ゲームクリエイター達の言葉(2)/岩田聡、糸井重里、宮岡寛(みや王)」
「1994年ゲームクリエイター達の言葉(3)/すぎやまこういち、植松伸夫、内藤寛、靄沢秀二
世界動物ビックリ写真 with NEWS/世界一醜い犬2007 他~
「大神」の主人公・アマテラスのコス from アメリカ+α

■未解明の体験談
未解明の体験談/目次

■教訓イソップ童話
教訓イソップ童話目次

■コラム&漫画「伝え人」
伝え人目次

■The true voice of national
分離信号を求める。
吉野家に物申す!!「箸のポイ捨てだけは見たくない」
労働ビックバンって死ね!って事? -正社員待遇を非正規社員水準へ-

■その他
2009年ごあいさつ
新たな決意


iwantyou_03.gif



12:51:13 | 最新の記事 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
海上保安庁・不審船事件の映像がすごい
2009 / 10 / 02 ( Fri )
インターネットTV『超人大陸』内のコンテンツ『海の王国』9/28号で配信された海上保安庁・不審船事件の映像がリアルですごいです。

※クリックで新規ウィンドウでの動画スタート

内容は、2001年に起きた『九州南西海域工作船事件(wikipedia) 』の時に海上保安庁の船から撮影した映像を基に資料を加えて編集されたもので、

・不審船を発見
・巡視船出動
・追跡
・停船命令
・射撃警告
・上空への威嚇射撃
・退避警告
・船体への威嚇射撃
・足止め目的の砲撃
・不審船火災
・火災鎮火
・工作員、韓国語及び日本語による「あっち行け」
・巡視船への攻撃
・正当防衛射撃
・不審船自爆
・巡視船の被害状況

といった様子が鮮明に現れています。

また同じ『海の安全ものがたり』で紹介されている『2004年(訓練船)海王丸海難』の映像も音質こそ悪いですが当時の様子が生々しく伝わり恐ろしいもの。

※クリックで新規ウィンドウでの動画スタート

以前紹介した『国土交通省が何気に持ってるスーパーマシン達』もそうなのですが、国関係のあまり公開されていない(本来するべきなのに公開する意識が薄い?)映像はよく出来ているしとても貴重で価値があると思います。

以下映像から抜き出した静止画。

teisenmeirei_540.jpg
keiyo_540.jpg
ikakushageki_540.jpg
shoka_540.jpg
shoko_540.jpg
acchi_540.jpg
kogeki_540.jpg
jibaku_540.jpg
higai_540.jpg
higai2_540.jpg



12:36:16 | メディアが伝えない | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
楽しそうにカンガルーを狩るハンター写真 『彼ら』と『我々』の違い
2009 / 09 / 06 ( Sun )
※グロ注意で。

サムネ表示。クリックで高画質になります。

2118086900085117391XUBEuu_ph.jpg
続きを読む
00:59:48 | 動物問題 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ソーラー飛行機による燃料なしの世界一周プロジェクト「ソーラー・インパルス」
2009 / 08 / 25 ( Tue )
solarimpulselead.jpg

以前「史上初、ソーラーボートで大西洋横断」というスイス発の『海』のソーラープロジェクトを紹介しましたが、今度は同じスイスの冒険家のベルトラン・ピカール(Bertrand Piccard)氏による『空』のソーラープロジェクト、「ソーラー・インパルス」を紹介します。

このプロジェクトは2011年に100%太陽発電の飛行機「ソーラー・インパルス(Solar Impulse)」号で世界一周するというもので、機体は既に造られており(テストと調整中で、6月27日試作機を発表)、パイロット訓練も行っています。
下記のswiss infoのリンクで、日本語で翻訳された詳しい動画を見ることができます。見ればプロジェクトの全容が分かる親切なつくりです。

http://www.swissinfo.ch/jpn/multimedia/video/detail.html?siteSect=15045&ty=vn&sid=10925321&quality=high
個人的にはNASAの機体でも失敗したというソーラーパネルを搭載した翼と機体の剛性のバランス、対応が幅広く利く代わりに速度の出せないエンジン、熟睡を許されずヨガを身につけ催眠法でカバーするパイロットなどに苦労を感じました。

スイスの冒険家、ベルトラン・ピカール(Bertrand Piccard)氏は飛行家であり精神科医師でもある方で、1999年3月1日から21日にかけての20日間弱の飛行で気球による初の無着陸世界一周飛行を達成した(FAI公認世界記録としては世界一周最短時間記録370時間24分)記録を持っている方です。
氏の公式サイトでは熱気球からソーラー飛行機への夢の移り変わりがトップから現れており、「ソーラー・インパルス」公式サイトでは映画風のBGMと共に流れるプロジェクト動画等を見ることができます。

・ベルトラン・ピカール(Bertrand Piccard)氏公式サイト ※いきなり氏の肉声流れます注意
http://www.bertrandpiccard.com/
・「ソーラー・インパルス」公式サイト
http://www.solarimpulse.com/

・「ソーラー・インパルス」スペック
翼幅80m
高度最大12000m
外気の気温 + 80℃ ~ -60℃
載積重量最大2,000 kg
平均時速70 km
エンジンパワー最大40 kW
カーボン繊維主体
サンドイッチ構造
バッテリー重量 450 kg
バッテリーキャパシティ 200 Wh/kg
130ミクロンの単結晶シリコン太陽電池11,628枚

コックピット
環境・ライフ制御装置
人体から出るCO2排出・湿度コントロール
1人乗り

solar-impulse-6.jpg
solar-impulse-5.jpg
solar-impulse-2.jpg
solar-impulse-1.jpg


ソーラーボートの記事を紹介した頃と同じ気持ちですが、ちょっと閉塞感が多いこの時代に「燃料なしで超長距離を移動する」乗り物に夢と希望を見出してみませんか?

22:02:57 | 海外を語る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。